更新履歴
頭を抱える老人

レビトラは日本の厚生労働省が認可するED治療薬のひとつで、性機能に悩む男性の多くが知る飲み薬です。
PDE5阻害薬に分類され、勃起を阻害する酵素を抑え、血管を拡張することで海綿体への血液の増進を促し、勃起力を維持する作用があります。
他のED治療薬よりも即効性に優れた特徴を持ち、服用して20分ほどで効果が発現することから、いまから性行為を始めるというタイミングでも利用できるのが大きな利点となります。
ED治療薬は食事による影響を受けやすいため、食後に治療薬を服用すると、効果が現れない、あるいは効果が薄まるというのが通説です。
レビトラだけは食事の影響を受けないという噂も流れていますが、それは誤りで、食事の影響は間違いなく受けます。
正確には食事の制限がかかっており、限度を超えずに軽食で済ませれば影響を受けにくいというものです。
レビトラは「標準的な食事の影響は受けない」と言われており、この「標準的」という言葉がかなり曖昧なため、誤った情報が流れている可能性があります。
標準的な食事とは、栄養学的に700kcalで、脂肪を30%以内に抑える必要があるため、正しくは210kcalまでが影響を受けないということになります。
例えば牛丼の並や中盛りでは影響を受ける可能性が高く、たとえ低カロリーであっても脂質の高い食事では影響を受けやすいことにもなります。
そのため、脂っこいものや肉料理を中心とした食事をとると、レビトラによる効果が薄まる可能性が高いです。
もしも、レビトラを使用する場合は、食事は最低限にして食後に服用するか、食事の1時間前の空腹時に使用することが推奨されます。
高カロリーの食事をした場合は、食後から2~3時間は時間を空けてから飲むようにしなくてはいけません。

記事一覧

レビトラの主成分はバルデナフィルです。 バルデナフィルの特徴は即効性であり、似たような効果を持つ別企...

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿