• ホーム
  • レビトラとシルデナフィルの副作用について

レビトラとシルデナフィルの副作用について

心配する男性

レビトラは有効成分をバルデナフィルとしたED治療薬のひとつで、日本でも認可されクリニックや泌尿器科などで販売されている飲み薬です。
多くの人が知るバイアグラと同系統の作用機序を持ち、2番目に開発されたこと、即効性に優れていることからも人気のある治療薬となっています。
バイアグラは有効成分をシルデナフィルとして世界で初めて開発されたED治療薬であることから有名で、勃起したあとに萎える原因となるPDE5と呼ばれる酵素を阻害し、さらに血管拡張の作用があることから陰茎への血液の流れを良くすることで、勃起力を高める効果があります。
レビトラも同じような作用を持ち合わせ、加えて副作用が少ないことからも利用しやすい特徴を持っています。
基本的にED治療薬は血管を拡張させる作用があることから、服用後に頭痛やめまいといったものが起こりやすいのですが、シルデナフィルよりも効果は緩やかになっているため、気になるほど痛みを感じることは少ないとされています。
とはいえ、個人差が出やすいのがED治療薬の特徴であることから、シルデナフィルでは問題ないのに、レビトラを飲むと副作用が酷いという人もいるようです。
その他にも顔のほてりや目の充血、動機、鼻づまりなども多くの人が経験するため、自分に合った治療薬を見つけることが重要となります。
また、高血圧や心筋梗塞の既往歴のある人など、血圧に関わる影響が大きいことから使用には十分に注意が必要です。
少しきつめの副作用としては背中の筋肉や関節が痛む、消化不良となるなどの症状もあらわれ、重度になると視覚異常なども起こるため、体に異変を感じたらすぐに専門の医師に受診するようにしなくてはいけません。

人気記事一覧