• ホーム
  • レビトラの持続時間はどれくらい?

レビトラの持続時間はどれくらい?

錠剤とカプセル

レビトラは世界で2番目に開発されたED治療薬で、ドイツの製薬会社が製造、販売している飲み薬です。
オレンジ色のパッケージとコーティングされた錠剤は他にはあまり見られず、特徴的なデザインとなっています。
販売される規格は5mg、10mg、20mgの3つで、基本的に病院で処方されるのは10mgからとなります。
10mgで効果が見られない場合に限り20mgが処方されますが、ピルカッターで半分に割って使用するために、最初から20mgで購入する人も少なくないようです。
食事に影響を受けにくい性質から、軽めの食事のあとに飲んでも効果は十分に発揮され、早い人なら20分で発現するため、他のED治療薬よりも即効性に優れています。
また、持続時間は服用する容量によって違いがありますが、3大ED治療薬の中では真ん中の位置し、10mgなら4~5時間、20mgを飲めば最大で10時間は持続します。
即効性と共に比較的に使いやすい治療薬で、服用したから慌てて性行為に入る必要もなく、勃起力が持続しやすいことから1回では終わらずに、人によっては複数回の利用ができると言われています。
レビトラは効果が早く効き始めることから、最高血中濃度への到達時間が短く、つい緊張をほぐすためにお酒と一緒に飲む人がいますが、適量を超えて飲んでしまうと、血管拡張作用によってアルコールが回りやすく、急に倒れてしまうこともあるため、深酒はしないように注意しましょう。
副作用は少ないと言われていますが、急激な効果の発現で、血管拡張を行うため頭痛が起こりやすく、性行為に集中できないこともあるので、痛みが煩わしいと感じたら頭痛薬を一緒に飲むようにしましょう。

人気記事一覧